クリーニング工程 検品・提案

クリーニング工程 検品・提案

クリーニングをお預かりする際に検品を行いますが
どのような点を検品しているかというと

①ポケットの確認

たくさんの懐中品が見つかります。
筆記用具・ライター・タバコ・レシート・ティッシュペーパー
つまようじ・現金・ハンカチ・身分証などなど・・・

②ボタン・飾り・ファスナー・装飾品の確認

すでに発生している事柄・・・脱落・破損・欠落
発生するであろう事柄・・・・脱落・破損・欠落・変色
これらの装飾品などは、知らないうちに脱落している場合も多くあります。
また、クリーニングの洗浄テストが行われていない場合も多くあり
洗浄後にトラブルになることがしばしば発生します。

③洗濯表示・素材・デザインの確認

クリーニングするにあたり、素材などの情報は必要不可欠です
素材によっては、クリーニング後にトラブルが起こりうる可能性のあるものは
お医者様と同じく、インフォームドコンセントを行う必要があります。

④シミや汚れ・要望事項の確認

事前確認を行うことでできうる限りの対応ができます。
シミや汚れだけでなく、納期やプレス方法などもお伺いいたします。

⑤アイテムの確認

商品アイテムによって、確認すべき内容が変わってきます。
もちろん、洗浄方法やプレス方法なども変わります。

⑥傷や破れの確認

商品の状態をお互いに確認するとともに
クリーニング時に傷や破れを悪化させないように
注意を払ってクリーニング処理することが可能となります。

これらの検品を
お預かりしてから実施いたしますから
できるだけスムーズにしても、若干お待たせすることもあろうかと思います。

もちろん、お客様が並ばれている際は
簡易的な検品をさせていただいたのち
改めてお客様がお帰りになった後で、検品をさせて頂き、
確認のご連絡をさせて頂く場合がございます。