カットソー

カットソー

ひとことでいえば「ニット生地をカット(裁断)してソー(縫製)したもの」。

カットソーとは、ニット生地を平面に裁断して、それを前後2枚あわせてそのまま縫ったものです。

ちなみに、ニット生地(編み地)はおもに、Tシャツ・ジャージ・下着・水着等に使われています。

カットソーの定義は「ニット生地であること」ですので、

織り地をカット(裁断)してソー(縫製)したとしてもそれはカットソーとは呼びません。

では、ニットとカットソーの違いはというと、

最初から服の形に編むか、布状に編んで裁断・縫製するかの違いとなります。

つまりニットとは、セーターなどで身頃や袖がすべてひとつながりで編まれているもの。

カットソーとは、布状に平たく編んだニットを裁断して縫製したもの。

ようするに、一番わかりやすいのがTシャツです。

Tシャツには生地に伸縮性に富んだニット生地が使われています。

そして袖などが別パーツとして縫いあわされていると思います。

ですので、そういったTシャツはカットソーだと言えます。

極端に言えば、ほとんどの服がカットソーだと言えます。

Tシャツだけがカットソーであるようなイメージですが、それは販売側の意図があるのではないかと思います。

ところで、クリーニング業をしていて色々な嬉しいことがあるのですが、

時々、Tシャツやポロシャツをクリーニングに出されたお客様から、

『クリーニングに出すと、こんなにも違いが出るのですね。』などと言われることがあります。

最高の褒め言葉ですね。 皆様も体験されてみませんか?