麻素材

麻素材

麻といってもいろんな種類があります。

代表的なリネン(亜麻)をはじめ、

ジュート(黄麻)、ラミー(芋麻)、ヘンプ(大麻)など

たくさんの種類がありますが、日本で良質な麻繊維として

イメージされるのはリネンが多いと思われます。

※日本では麻という表記の中にはヘンプは含まれていません。

そのため、わざわざリネン100%と記載する場合がほとんど

だと思われます。

リネンは中世の時代から肌触りがとてもなめらかで優しく

そのうえ非常に丈夫で水に強いことから普段使いができる

高級素材として重宝されていました。

麻繊維全般の特徴には、吸水・吸湿性が良い・発散性良く

そのため匂いの菌も抑えられる・天然繊維の中で一番丈夫で

非常に水に強く腐りにくい。

そしてリネンはその麻繊維全般の特徴に、しなやかでなめらかで

繊維が細いのでチクチクしないというさらに使い心地の良い特徴が

加わります。

夏には最適な素材といっても過言ではないでしょう。

しかし、シワになりやすい・縮みやすい・毛羽立ちやすいという

特性を持っていますのでお洗濯には少し注意が必要です。

クリーニングにお持ちいただければ、オシャレが長持ちしますよ。