ナイロン素材

ナイロン素材

合成繊維の中でも歴史が長く、1936年米国のデュポン社が発明し日本では

1940年から東洋レーヨン(現 東レ)が生産し始めた。

ナイロンとは製品名で素材的にはポリアミド。

 

ナイロンはどんなものに使われているかというと・・・

  • ジャージやスキーウェア、ウィンドブレーカーや水着などのスポーツウェア
  • ニット製品
  • ジャケット、靴下などの衣類
  • カバンやバッグ、財布やペンケース
  • 体を洗う時に使うナイロンタオル
  • 車のドアハンドルやマット類、その他自動車部品
  • 釣り糸、ギターの弦、ロープ などなど・・・

ナイロンは雨や汚れにも強く、強度もある為、様々な用途に使われています。

 

ナイロンの特徴

良いところ

  • 軽い
  • 汚れに強い
  • すぐ乾く(速乾性)
  • 水をはじく(撥水性)
  • 弾力性が高い
  • 伸縮性に優れる
  • かた崩れしにくい
  • 薬品、カビ、虫の害に強い
  • 染めやすく鮮やかな発色が魅力
  • 色移りしにくい
  • 傷が目立ちにくい

よくないところは

  • 紫外線に弱く、長時間日当たりに置いておくと変色する
  • 吸湿性が低いため静電気が起きやすい
  • 熱に弱い
  • 軽量で弱撥水、汚れ、キズにも強い。

 

歴史がない外分、様々な用途で様々な形状で利用されている

身近な素材です。