世界の成人の儀式

日本では20歳になれば、もう直ぐ18になるのかな?
しかし世界ではそう簡単に成人させてもらえないところもあるようです。
日本と違い年齢ではなく、周りの人に成人と認めてもらための儀式が存在します。

ちょっと調べてみました。

太平洋諸島地域の

バヌアツ共和国ではバンジージャンプの素である儀式があります。
バンジージャンプのように安全なものではなく死や傷や怪我なども伴う危険な儀式です。

パプアニューギニアではサメを素手で捕獲して初めて一人前とみなされる民族があるようです。考えただけで恐ろしい。

アフリカの有名なマサイ族ではライオン狩りにでられるようになって初めて・・
凄い度胸がいります。

エチオピアでは、成人を迎える男子は裸になり、体じゅうに牛糞を塗り、牛の背中に乗って、数頭の上を4往復して初めて大人として認められる民族があるそうです。我慢だけでなく度胸も試される儀式です。

アマゾンでは、成人を迎えた男子は猛毒のアリがたくさん入った手袋に両腕を入れなければなりません。アリに噛まれて瀕死の状態になり、その苦しみに耐え抜いてこそ一人前であるとみなされる民族があるそうです。
生死をかけた儀式ですね。

世界にはいろんな儀式があるんですね。

Follow me!