ジャンパー

ジャンパー

日本では、主にジャンパーと言うと作業用であったり

スポーツウェアやカジュアルな物、防寒や防水などの目的で着用しています。

裾や袖口をゴムや紐などで締める事により、体にフィットさせ、作業しやすい様に工夫されているのも特徴です。

よく似たものでブルゾンというものがありますが、

日本では、ウエスト丈か、それ以上ある長めのジャケットと言う事になっています。

要するにあまり大きな違いがないんです。

イメージで英語が語源のジャンパーは

作業服やスポーツなどのカジュアルな用途で

フランス語が語源のブルゾンはよりファッション性の高いお洋服ということになるようです。

ちなみにジャンパー?ジャンバー?

なんてことがありますが

『jumper』が英語の綴りなのでジャンパーの方が

まだ近いのでしょうが、すでに日本語なので、ジャンバーであっても間違いはないと思います。

カシミア?カシミヤ?なんかもそうです。

ちなみに、こちらは消費者庁家庭用品品質表示法の表記ではカシミヤと統一されているので、

カシミヤがある程度市民権があるようですね。

ところで春の衣替えの時にジャンパーなどの防寒衣類はクリーニングに出されましたか?

秋口になるとたくさんの防寒衣類が持ち込まれます。

春に洗いそびれたのでしょうか?

その中の一部は変色や虫食い・カビなどの被害が出ているのが現状です。

春の衣替えの後にはクリーニングが望ましいですが

もし上記のような症状が出ても諦めないでクリーニングにお持ちください。

何か方法が見つかるはずです!