ポリエステル素材

ポリエステル素材

ポリエステルは、ご家庭でお洗濯できる繊維で二番目に多いものですが、

もともと、麻や綿に似せて開発された、石油を原料とする合成繊維のひとつでした。

製造技術の進化により、シルクライクなポリエステル繊維が生産されるようになり、

今日では、ハイテク技術を応用したマイクロファイバー(超極細繊維)のものが

主流となっています。 特徴は吸湿性が低く、すぐ乾き、水による収縮がない。

弾力回復率が高く、シワや型くずれの心配がない。

薬品に強く、カビや虫害を受けにくいため、保管が容易。

黒ずみやすい。 静電気が起きやすい。

といったところでしょうか?

簡単にいうと扱い(クリーニング・お洗濯)やすい繊維です。

ただ、安価なものが多く、大量生産にも適しているために

一部粗悪品が出回っていることは否めません。

色柄などで怪しいな⁈なんて感じたら、洗濯機に他のものと

一緒に洗わずに、一度、洗剤を一部につけたりして、

色落ちの有無などを確認してからお洗濯されることをお勧めします。

面倒な場合はクリーニング店にお預けください。