クリーニング工程 仕上げ

乾燥を終えたお洋服は仕上げの作業に入ります。
仕上げはアイテムによって大きく異なります。

ワイシャツはワイシャツ専用マシーン
ズボンはズボン仕上げマシーン
スカート・ジャケット万能仕上げマシーン
シャツ類は業務用のアイロン台

と格好良くマシーンを並べてみましたが
実際の作業は多種多様なお洋服に対応できないことが多く
手作業での仕上げが多く存在します。

素材やデザインなどでアイロンの方法などが大きく変わってきます。
さらにはアイロンが使用できないことも多々あります。

最近では形状記憶の商品なども多く出回っていますが
シワがつきにくい加工がされているだけで、永久的ではなく
また、シワを作らないためには、表示などに書かれているような
非常に手間のかかる洗い方などが必要になります。
それをしたとしても、ご家庭でお洗濯されている場合の仕上がりイメージと
お客様がクリーニング店に求めている仕上げりイメージには程遠い差があります。
正直に言って、このままでは出せないのが現状です。
クリーニング技術の腕の見せ所ですね。

お洋服のメーカーなどによる素材・機能性の向上で
繊維製品は様々なものが誕生しています。

それは、
一方では家庭で洗濯できるお洋服の向上
一方ではデザインにこだわるお洋服の向上
一方では天候・気候に対するお洋服の向上
一方では臭い・汚れに対するお洋服の向上

素晴らしい発展です。

この発展に対応するためにはクリーニングも様々な向上が必要です。

お客様がお洋服に求めるのは千差万別
私たちクリーニング業が求められていることにしっかり対応していかなければいけません。

アイロン作業はご家庭では大変ですよね。
アイロンの仕上げだけでもお預かりできますので
いつでもご相談ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA