クリーニング工程 分別・検品

クリーニング作業を終え包装されたものは
各店舗へ配送するために店別に分けられます。

その際に一番重要になるのは
タグと呼ばれる番号札です。

タグは番号だけでなく店舗名が記載されています。
さらには、各店舗によりタグの色や柄がお店別に変えてあり
配送先を間違えないようになっています。

仕上がりは

ハンガーにかかった商品
畳んである商品
お布団などの大きな商品により
分別する場所が違います。

分別されたものは
出荷前の商品チェックや要望のチェックを済ませ
出荷に向け、あとは、集配車に積み込むだけの状態までしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA