厄介なポリウレタン

形状記憶シャツの取り扱い

皮革製品に似せた合成皮革としてのポリウレタン。
ストレッチ素材としてのポリレタン。
どちらも問題点を抱えています。

合成皮革では、表面にビニールコーティングをしたようなもので、コーティングがはがれ落ちてしまいます。

衣類は永久的でないにせよ繊維製造から3年くらいで寿命を迎えるものが多く、

クリーニングにより問題が浮き彫りになることが多いので、事前説明が必要不可欠です。

また、ストレッチ素材についても伸縮が起こりやすく、また、変色を起こしやすい問題も抱えております。

お客様へのご説明として

『こちらの製品はポリウレタンと言う素材が使用されており、ビニールとプラスチックあわせたようなものです。

問題点としては、販売から2年~3年で寿命が訪れるものが多く繊維メーカーさんも保証の対象外になっています。

何が起こるかと申しますと表面のコーティングが皮をはがすかのようにはがれてしまいます。

また、表面に接着剤が浮き出しシミになったり、べたついたり。

たった5%程度しか入っていないストレッチ素材なども、伸縮を起こし、また黄ばむような現象が発生します。

ただし、いつ起こるかわからないので、ご了承いただいた上で
『細心の注意を払ってクリーニングに努めます。ご理解ください。』

と言ったところでしょうか?

どこまでがこのようなことを伝えて販売されているのでしょうか?

どのくらいの方が、このような内容を理解されて購入されているのでしょうか?

どのくらいのクリーニング店がこのことを伝えているのでしょうか?