掛け布団の種類

天日干し

掛け布団の場合は『綿』や『ポリエステル』、『羊毛』、『羽毛』、『真綿』が主に使われています。

『綿』の場合、弾力性や保温性が良くて、吸湿性も優れています。
綿は古くなると固くなってしまいますが、それを再びふんわりさせる“打ち直し”が可能です。

『ポリエステル』の場合、軽くて弾力性があって、保温性が良いです。
ホコリが出ないため衛生的なので、ホコリに敏感な方に向いているそうです。

『羊毛』の場合、保温性が良くて、湿気を吸い取ったり、逆に湿気を放出する性質が優れています。
さらに弾力性が良くて、燃えにくい性質でもあるそうです。

『羽毛・羽根』の場合、軽くて保温性に優れています。
湿気を吸い取ったり、逆に湿気を放出する性質にも優れていて、さわやかな使い心地です。

『真綿』の場合、繊維が細くて軽くて柔らかく、保温性に優れています。

『綿』と『真綿』の違いは、『綿』は植物から作る綿です。
『真綿』は蚕の繭から作る繊維です。

様々な種類があるので悩むところですが
用途や、目的・好みに応じて中綿の種類を選部と思います。